スタッフブログ

2019.04.16更新

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

20190415

※ホテルの受付・トリミング・物販品の販売のみ対応させて頂きます。

※臨時診療日のみ、トリミング対応致します。

 

*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

 20190416

みなさん、お風邪をひかないように、お気をつけくださいませニャンheart

ぷくちゃんからのお知らせでしたnico

 

 

 

投稿者: 上社ペットクリニック

2019.04.11更新

犬にも花粉症はあるの?〜犬のアレルギーについて〜

春になると人間のアレルギーで一番多く見られるのがスギ花粉による花粉症です。実は犬にも同じようにスギ花粉によって目のかゆみなどのアレルギー症状が見られることがあります。スギ花粉による目のかゆみは、人間ほど多くはないのですが、実際に犬でも見られることがあります。さらには、そのほかの草木に対してもアレルギーを持つ犬も多く、散歩で草むらに入ったりすると、その後から手足やお腹周辺、顔まわりを痒がるようになります。

犬のアレルギーは、花粉や草木だけでなく、ハウスダストや食べ物など、人間と同じような原因物質があり、しかもほとんどの犬は、複数の原因物質を持っています。ですので、中には春など季節に関係なく、アレルギー症状を示す犬もいますが、そんな犬でも、特に春先に症状が悪化するケースも多く見られます。

アレルギーの治療は、症状がひどい時にはしっかりと治療薬を使うことをお勧めします。中にはステロイドを使うケースもありますが、ステロイドは使い方を間違えなければ、決して危険な薬ではありません。さらには最近は、ステロイドほどの副作用もなく、それなりに効果のある薬もありますので、そういったものを使うのもおすすめです。

しかし、これらはあくまで対症療法ですので、かゆみなどの症状は楽になりますが、原因にアプローチしているわけではありませんので、それだけでは薬を手放せなくなってしまいます。

そこで、食事療法やサプリメント、スキンケア用品などを使って、なるべく薬に頼らない体づくりをすることも重要です。

 

投稿者: 上社ペットクリニック

SEARCH

CATEGORY

診療料金について 診療送迎

各種カード利用可能