スタッフブログ

2018.08.20更新

こんにちはflower

 

スタッフのCです(・∀・)

 

まだまだ暑い日が続いていますが皆さん大丈夫ですか?

 

名古屋は特に気温が高くて、ニュースを見る度に最高気温を更新してる気がしますentears

 

上社ペットクリニックで飼っている猫のぷくちゃんも

 

お盆休み中はティガ―のお部屋でのんびりしてましたsun

 

↑(いつもだけどtears笑 )

 

puku

 

ティガ―の口から尻尾が出てるabonbibibi

 

中を覗くと可愛いぷくちゃんが...heart

 

puku

 

みんなの癒しですnote2

 

 

 

投稿者: 上社ペットクリニック

2018.08.06更新

毛玉の原因は、毛と毛が絡まり合うことです。


絡まってしまう原因は、「汚れ」「ブラッシング不足」「濡れたまま放置」などです。

毛玉が出来ると、ワンちゃんにとってはつらいことばかりなんですun

 

 

① 皮膚が引っ張られて痛みが発生


 毛と毛が絡まり合って毛玉になると、毛の根っこ部分が引っ張られます。そうすると、皮膚も引っ張られることになり、痛みが発生します。更に毛が伸びていくと、毛に巻き込まれた皮膚が剥がれたり裂けることもあります。傷口に細菌に感染すれば、犬の皮膚が炎症を起こしてただれることもあります。

 

② 汚れがたまる


皮脂は細菌の栄養分になります。
毛玉によって、皮膚上の汚れが隠されてしまい、取り除けなくなります。とても不衛生で、皮膚に悪い状態です。
毛玉が残った状態でシャンプーすると、皮膚と毛玉の間にすすぎ残しが発生し、炎症の原因になります。

 

③ 蒸れる


通気が悪くなり、皮膚が蒸れます。汚れが溜まった上に皮膚が蒸れることで細菌が発生し、皮膚病を引き起こす可能性があります。

 

毛玉によって炎症を起こした皮膚

 

 

↑↑↑ かわいそう・・・en

 

 

軽くブラッシングしてもときほぐせない毛玉の場合は、ハサミで毛玉部分を切ってあげて下さい。

みなさん、毛玉を見つけたら、放置せずに、すぐに取り除いてあげて下さいね。

 

 

 ◆◇◆◇◆◇◆休診のご案内◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

  

  9/6(木)・・・院長不在の為、午前休診

         

  午後の診察は、通常通り行います

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 上社ペットクリニック

診療料金について 診療送迎

各種カード利用可能