スタッフブログ

2016.02.29更新

こんにちは。

パートスタッフです。

今回は

いぬのしつけについて

直接的な体罰は好ましくないので

サプライズ(驚かせることを目的とした罰)についてです。



犬に対するサプライズ

視覚的サプライズ
いきなり顔の上に布をかぶせ視界をさえぎる・電気を消す

聴覚的サプライズ
小石を入れた空き缶を犬の後ろになげつけて大きな音を出す

嗅覚的サプライズ
酢を薄めたスプレーを噴霧する

味覚的サプライズ
噛みつき防止剤=ビターアップル

触覚敵サプライズ
ヘッドカラーを軽く引く



・サプライズをあたえるタイミングが難しい点
 問題行動発生後一秒以内(できれば0.5秒)

・犬が慣れてしまう点

問題行動に対して罰を与えたり与えなかったりという状況を作ると間欠強化していることになります。

全ての犬がほめて育てるしつけ方に反応するわけではないため

これらの方法もおぼえておくといいですね。



3月からノミダニキャンペーン始まります。

気になる方はご来院の際、スタッフにご質問ください。

投稿者: 上社ペットクリニック

2016.02.08更新

こんにちは!!
最近食欲が止まらない
看護師のです(^^)

もうすぐバレンタインですね!
今年は自分用に高級チョコを買おうと思っています(●^o^●)heart01


チョコレートといえば、わんちゃん・ねこちゃんによろしくないのは、もうみなさんご存じですよね?


今回は、
わんちゃん・ねこちゃんが食べると危険な食べ物

もし食べてしまったときどうすればいいか


簡単にですが、お伝えいたしますね(^_-)


●チョコレート ココア

チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分は、カフェインと似た構造をしており、
大量に摂取すると興奮状態に陥ります。
主な症状は嘔吐・下痢・興奮・不整脈・呼吸が荒い・高熱・痙攣など。
死に至ることもあります。


●タマネギ ネギ ニラ ニンニク

これらの食材には「アリルプロピルジスルファイド」という赤血球を壊す物質が含まれています。
つまり貧血を起こしてしまいます。
主な症状は貧血・黄疸・痙攣・尿の色が赤や茶色に変色・頻脈・元気消失など。
加熱しても毒性は残るので、ハンバーグなどにもお気をつけ下さい。


●ぶどう レーズン

あまり知られてはいませんが、実はぶどうも危険な食材です。
日本ではあまりありませんが、海外では毎年、ぶどうを食べさせたことにより急性腎不全を起こしたという報告がされています。
主な症状は多飲多尿・嘔吐・食欲不振・元気消失など。
重症化すると尿がでなくなり、尿毒症で死に至ることもあります。


●キシリトール

キシリトールは普通のお砂糖とは異なり、虫歯になりにくいといわれている人工甘味料です。
大量に摂取すると、インスリンがですぎてしまい、低血糖や肝障害を起こすといわれています。
主な症状は嘔吐・痙攣・元気消失・意識の低下などです。




もし食べてしまったらtyphoon
ネットには大量の塩やオキシドール、中性洗剤を与えるとのっていますが・・・・sweat01
仮にそれで吐けたとしても、大量の塩や薬剤を摂取して、体は何ともないといえるのでしょうか(・_・;

みなさんわんちゃん、ねこちゃんを子供のように大切にしておられると思います。

大切な我が子に薬剤を飲ませることができますか?

人間の大人でも飲めないものを、小さな体の動物たちに飲ませる気ですか?


まずは焦らず動物病院にご連絡ください<(_ _)>
これらの食材を食べて、即死することは滅多にありません。

手探り状態で誰が発信しているか分からないネットを信用するより、
きちんと獣医学を学び、日々たくさんの病気の動物たちを診ている獣医さんを信用してください(^_^)v




また注意すべき食べ物」病気や年齢など、それぞれのわんちゃん・ねこちゃんの状態によって異なりますご不安に感じましたら、いつでもご相談くださいませcatdog

 

投稿者: 上社ペットクリニック

診療料金について 診療送迎

各種カード利用可能