診療日記犬

2014.09.26更新

フィラリアというのは蚊から伝染する寄生虫です。
皮膚から侵入し、心臓に最終的に寄生します。
フィラリア予防は、しっかり投薬していれば、まず予防できます。
では、いつからいつまで予防すればいいのでしょうか。
当院は愛知県にありますが、統計上では愛知県でのフィラリア感染開始(蚊の吸血開始)は4月下旬から5月上旬です。
そして、11月上旬まで感染する恐れがあります。
フィラリア予防薬は、予防薬という名前ですが、実は皮膚に入ったフィラリアの子虫を、心臓に行くまでの間にやっつける駆虫薬です。
11月に蚊に刺された場合、そのあとに投薬しなければいけませんので、愛知県の場合、11月下旬から12月上旬に最終投薬が必要です。
フィラリアの薬は、1か月に一回食べさせるタイプが主流ですが、背中につけるスポットオンタイプのものや、一回の注射で1年間フィラリアが予防できる注射薬も有ります。
詳しくはご相談ください。

投稿者: 上社ペットクリニック

診療料金について 診療送迎

各種カード利用可能